数字で見る相続 「2725件」

国税庁が発表した『平成28事務年度における相続税の調査の状況について』によると

贈与税の申告漏れ等の非違件数のうち、現金・預貯金等が占める件数は2725件と、全体の73.1%を占めていました

 

申告漏れ課税価格は、1件当たり5153万円と、その前年度の1件当たり540万円から約10倍と跳ね上がっています

また、前年度・前々年度のデータでは、申告漏れ課税価格についても、85%以上が無申告のケースとなっていましたが、平成28事務年度では課税価格の7.6%が無申告でした

 

これは多額の資産を有する富裕層を重点的に調査・管理する『重点管理富裕層プロジェクトチーム』の影響もあると考えられています

 

贈与税の正しい申告を行うためには、正しい知識が不可欠です

メールでのお問い合わせはこちら